身体に害のある塗料や資材を使わないことが健康住宅の魅力

基本は諸悪の排除

相談

プラス思考の傾向もあり

健康住宅の基本コンセプトとなっているのは、健康を害する可能性がある諸悪を排除した住環境を作り出すことです。古くから使用されている建材や塗料には、健康に悪影響を及ぼす可能性のある物質が使用されている場合があります。建材によく使用されていたアスベストやよく含まれていたホルムアルデヒドは代表的なものでしょう。アスベストは肺がんのリスクを高め、ホルムアルデヒドはシックハウス症候群を筆頭とする様々な病気の原因になります。塗料では有機溶剤が使用されていてトルエンや酢酸エチルなどが身体に害を及ぼすことが知られていました。このようなものを一切使用せずに建てるというのが健康住宅の基本コンセプトです。もともと害があった状況から脱却することにより健康的な生活を送れるようにするのが目指されています。当初の健康住宅のコンセプトはこのようなものでしたが、現在ではさらにプラス思考で健康住宅を目指す傾向もあります。人の健康を促すというコンセプトで床暖房の導入によって室内の乾燥を防いだり、断熱素材を使って外壁や床の断熱性を高めることにより、室内環境の維持を実現したりするようになりました。また、環境も加味して考えることも広まっていて断熱だけでなく、遮熱を行うことで夏場の冷房効率を高めるなどの取り組みも行われるようになっています。健康住宅のコンセプトはだんだんと拡張される傾向があるのが現状であり、健康にとってプラスになる取り組みを包括的に示すようになってきているのです。

資産価値を考える

間取り

神奈川県内で注文住宅を建てる場合、資産価値が落ち難い家を考えてみるのも良いでしょう。資産価値が落ち難い土地に家を建てる、設備や性能、デザイン性に優れた家は、年月がたっても資産価値が落ち難いとされています。

Read More

1年中快適に過ごす

一軒家

宝塚ではお洒落な室内と快適な空間を両立した一戸建てを建築して暮らしている人が増加しています。一日の多くの時間をリラックスして過ごせるように、室内のシステムを最新のものにしていきましょう。

Read More

戸建て選びに必要なこと

ファミリー

鎌倉で一戸建てを購入するときに役立つのはプロのアドバイスです。事前に信頼できる不動産会社を見つけておくと、物件探しがスムーズになります。不動産会社に相談する前に、予算や希望条件をまとめておきましょう。

Read More