身体に害のある塗料や資材を使わないことが健康住宅の魅力

  1. ホーム
  2. 1年中快適に過ごす

1年中快適に過ごす

一軒家

家全体を一定の温度に保つ

1年を通して快適に暮らせる一戸建てを宝塚に建てるには、空調・暖房機器の選択や設置方法が重要です。空調といえばエアコンですが、他にも新しいシステムが増えたことにより、選択の幅がぐっと広がっています。なかでも宝塚で人気が高まっているのが24時間セントラル空調換気システムです。1日中ゆっくりと換気しながら、一戸建て全体を一定の温度に保つシステムです。断熱性・気密性の高い一戸建てが多くなったことと健康志向を受けての需要といえます。エアコンは省エネ性や空気清浄機能が年々高まっていることに加え、すっきりとした室内が作れる天井埋め込み型タイプが注目されています。また、急速に普及した床暖房も相変わらずの人気です。ヒーターと床仕上げ材を一体化した電気式に加え、循環パイプと床仕上げ材が一体化した温水式も開発されています。床仕上げ材がいろいろ選べるようになったもの普及の要因になったようです。フローリングを始め畳、タイル、塩ビシート、コルクタイル、さらにはカーペットにも対応する商品が登場しています。さらに、独特の雰囲気を醸し出す薪ストーブは以前から根強い人気がありましたが、最近はシンプルでモダンなデザインになったことで、より身近な存在になり一層宝塚で薪ストーブファンを増やしています。燃焼システムの改良により、排出される煙の量が圧倒的に少なくなったため、宝塚の一戸建てでも近隣に遠慮することなく薪ストーブを楽しめるようになりました。